フジロックから、ROCK IN JAPAN FES、サマソニまで……コロナ禍での国内大型フェスのスタンス シーン活性化への希望も

スポンサーリンク

 新型コロナウイルス感染の状況は日々形勢が変わり、情報が更新されているこの頃。この記事を書いているさなかも感染者数の増加や変異株の発見といったニュースが飛び込んできている。しかし、対夏フェスに限ってみると、昨年までとは異なり、有観客で開催できており、明るいニュースと言えるだろう。この2年間で、コロナ禍でどのようにイベントを開催するべきかという知見が溜まってきたこと、演者や参加者の多くもその知見を共有できていること、コロナに対する世間的なリテラシーの向上やワクチンの普及、といった様々な変化が生じているからこそ、フェスはコロナ禍において次のフェーズへと駒を進めているように感じる。
(関連:世界各国…
Source: リアルサウンド

スポンサーリンク

Source: 音楽

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました